日常の生活と適当日記である。

・RSS ・LOG IN

SKYK 

Author:SKYK 
メイドが好きだ!!

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード
スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思いついたので
2010/03/16 (Tue) 19:22
あーいつも通りの咲雪です。

あー家庭の問題ってだるいね・・・消えて欲しいほんと

すげーすごく短編な小説↓ ある日、彼から電話がかかってきた。

「今日はちょっと話があるんだ。今から迎えに行くから外で待ってて。」

と言われたので急いでしたくした。

どうせ、あの事だろうと予想はついていた。適当に好きな服を着て、化粧して外で待った。

かったるいと思いつつ、私はタバコをすった。彼からやめろ言われていたがこれで最後だからいいかな。

彼の車が見えたのでタバコをもみ消し、携帯灰皿に入れた。

車に乗ると何も言わず発車した。

いつも通りの街並み、この道を通っているということはたぶんあそこに行くのだろうという予想がついた。

たぶん、いつも行っているファミレスだろう。

店に入るといつもは禁煙席に座るのだが、私がタバコを吸っているところを見ていたのだろう。

喫煙席に誘導され席に着いた。

私も彼もタバコを吸い始めた。

とりあえず、ドリンクバーを頼んだ。

私は珈琲、彼はコーラをついで席に着いた。少し無言が続いた後彼は口を開いた。

「今日は話があって読んだんだが・・・単刀直入で言うけど・・・」

「何?」

「今日で俺らの関係終わりにしないか?」

予想通りの言葉が言ってきた。

「・・・うん」

「別に着物ことは嫌いではないんだ。でも君とは合わないんだ何かが・・・」

そうかな?あう合わない前にあんたは何もしようとしなかった。

「そうね。私もそう思うし話も終わったし家まで送ってよ。」

こんな空気でこいつとここにいるのはいやてかどうでもいいわ。

「あぁホントにすまん。」

と最後だし会計は全部私がした。これもメイン度いからいいかなーと思った。

車にのり発進した。早く家に着かないかなメンドイ。

実は彼が別れたいと言うことは知っていた。

彼は気になる女性が出来たらしいただそれだけのことだ・・・

ふと何か怒り?妬み?何かそういった感情がこみあげてきた。

たぶん彼は私と別れた後その女性と付き合うのだろう・・・

そんなことを考えていたら家の近くまで来ていた。

そうね・・・彼だけ幸せというか楽しいそうなんてずるいわね・・・

私はイヤリングを外し座席に彼から見にくい位置に置いた。

家に着いたのでありがとうと言って車から降りた。

車が発進する・・・

笑みがこぼれた。





スポンサーサイト
| HOME | 生きている人いますか?
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://locochain.blog7.fc2.com/tb.php/101-0bc73b74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。